SEOでアクセスが変わる

SEO(検索エンジン最適化)とはどんなものか?

Googleのウエブマスターツールにもあるように、検索エンジン最適化とは本来、ユーザーに対して行われるべきもので、表示順位を上位にする事ではないのです。結果、検索エンジンにも認識されやすく理解されやすくなり、表示されやすくなります。

SEOの現実は…

上位表示されないと訪問されない
しかし、現実問題として、検索して実際ユーザーがどれくらいのページまで見ているかというと、ほとんどが3ページ以内(30件)といわれています。このデータから考えると、自分のホームページが30位以内に表示されていないと、見てもらっていない、ということになります。
3ページ以内が理想
そこで、
ホームページを検索エンジンの上位に表示させて、しいては訪問者を増やし、購買者、契約者を増やす事は、ホームページを商用で運用されているホームページオーナーにとって切実な問題です。そのような現実の中で、「指定したキーワードで検索したときに上位表示されるようにする」というような意味で使われるようになっています。

SEOは何をするのか?

現実のSEOにはいろいろな手法があります、その手法によって成果、継続性、ユーザビリティーも変わってきます。
内部対策(ホームページ内部の洗練化)
ホームページの目的にあわせ、コンテンツを見直してキーワードを配置する、当然ページ構成も必要であれば変更、追加、分離します。継続して内部コンテンツの充実を図りホームページサイトの存在感を高めていきます。そして、ホームページ内部構造を検索エンジンに優しくコーディングし直すことにより、上位表示されやすくします。
外部対策(バックリンク)
ホームページはリンクしてもらうと評価が向上し上位表示しやすくなります(現在は)、その特性を生かし対策対象のホームページへのリンクすることによって短期間での上位表示に貢献します。特に「通販」というようなビッグキーワードを短期間で上位表示させるには強力なバックリンク必要となります。